賃貸リスクの回避策として|効率的に土地活用をしたいなら駐車場がベスト
女の人

効率的に土地活用をしたいなら駐車場がベスト

賃貸リスクの回避策として

女性

賃貸物件オーナーの見方

多くの人の中には、賃貸不動産経営をされている方も沢山います。賃貸不動産経営はビジネス知識がなくてもお部屋を貸す事で定期的に収入が得られる為、良いビジネスモデルといえます。良い入居者に恵まれていればさほど問題は起きないものですが、運悪く悪質な入居者を入れてしまって、家賃滞納や家財道具を残しての夜逃げなどを起こされては損害をこうむるのは不動産オーナーになってしまいます。その様な事態のリスク回避策として家賃保証会社の利用を積極的に行う事が良いと思います。家賃保証会社は賃貸物件オーナーに対して入居者の家賃保証を行ってくれますので、確実に安定した家賃収入が約束されます。また、夜逃げなどをされた際の残された家財道具の撤去代や原状回復費用もセットになった保証内容の家賃保証会社もあります。しかし、保証会社は無制限に不動産オーナーに対し金銭保証を行うわけではなく、必ず限度額が設けられているのがほとんどの為、その点には留意が必要です。

保証内容により手数料に差

家賃保証会社は需要の急速拡大により、多くの会社が家賃保証ビジネスに参入してきています。この為、保証業界に精通していない他業種からの参入も多くあります。この様な会社は倒産リスクがあったり、悪質な取り立てによる家賃回収を入居者に対して行う会社が少なからず見受けられます。賃貸不動産オーナーには適正な業務を行う保証会社を選択する事が重要で、円滑な不動産経営のために、自主規制などのルールを設けている保証業協会などに加盟している保証会社を利用する事が大切です。また、保証委託契約を結ぶ際の手数料も各保証会社により様々で、保証の範囲や限度額、免責事項などが細かく設定されているので、きちんと内容を把握した上で良い家賃保証会社と委託契約を結ぶことが大切です。